インビザラインのシミュレーション

  • インビザラインのシミュレーション

自分の歯型を用いてシミュレーションができる「クリンチェック」

クリンチェック画像

クリンチェックはわかりやすく説明すると、シミュレーションツールです。
光学スキャナー「iTero」で口腔内をスキャニングしたデータを取り込み、3D化された口腔内をあらゆる角度から確認し、治療完了までの歯の動きを確認することができます。

歯の動きを実際に確認できることは、患者様にとって大きなモチベーションとなりますし、治療の安全性と確実性が高まることは非常に有意義なことです。

当院がクリンチェックで大切にしていること

クリンチェックで大切にしていること

患者様とゴールを共有する

患者さんの主訴が改善されるゴールをクリンチェックを用いて確認します。歯列矯正は治療期間が一般的な治療に比べて長いのが特徴です。ですから、患者様のゴールをしっかりと共有し、イメージングしていただくことでモチベーションを高めていただきます。また、クリンチェックのデータは患者様にお渡ししていますので、ご自身の理想を常にチェックすることができます。

治療途中で起こりうる問題をステージごとにより詳細に説明する

患者様の口腔内の状態によっては、治療途中で問題が起こる可能性があります。その問題をステージにわけて詳細に説明し、違和感や症状を感じた時に不安にならなよう細かくお伝えします。心配になられたことがあれば、必ず来院してもらい口腔内のチェックとそのご説明を必ず行うようにしています。

また、また、インビザラインを決められた時間装着しなければなりません。装着時間が満たなかった場合のリスクもお伝えし、想定通りに治療が進むようサポートもします。

追加アライナーの回数も含めたおおよその治療期間がどのくらいかを説明する

期間の見えない治療はモチベーションの維持が大変ですから、おおよその治療期間をご説明します。その際、追加アライナー(=マウスピース)の回数も含めてお伝えします。

補助装置の重要性を解説する

インビザラインはマウスピースの装着だけと思われがちですが、歯並びの状態によっては補助装置が必要になることがあります。

1つはエラスティックゴムと呼ばれる、歯の動きをサポートするゴムを装着したほうが良い治療結果が得られる可能性が高い場合、2つ目はアタッチメントと呼ばれるアライナー(マウスピース)を維持する白い突起物です。アライナーだけでは矯正が難しい場合(歯とマウスピースの間に隙間ができてしまうなど)にアタッチメントを使用することがあります。

こういった補助装置に関する説明やどのステージで必要になるか?など、細かくご説明致します。

不安やご疑問点はお気軽にご相談ください。

インビザライン矯正を検討している上で、不安やご疑問点がある方は、お気軽にご相談ください。きっとお役に立てることがあるはずです。

インビザラインを更に深く知る

治療を御検討の方は、更に深くインビザラインのことを知ってください。