歯列矯正治療|症例紹介

インビザライン~噛み合わせの改善(叢生④)~

  • 画像正面(治療前)
  • 画像横(治療前)
  • 画像他(治療前)
  • 画像正面(治療後)
  • 画像横(治療後)
  • 画像他(治療後)
症例 インビザライン~噛み合わせの改善(叢生④)~ 治療法 インビザライン
参考費用 85万円+セラミック 治療期間 15ヶ月
解説

70代女性です。
下の歯が内側にずれているのが気になる。

下の歯に歯ブラシがうまく当たらず、歯茎が腫れてしまうので歯をきれいに整えたいとの事でした。

上の歯が一部無くなってしまっていることと、ご年齢から矯正治療が出来るのか気にされていました。

 

治療期間は15ヶ月でした。
年齢を考慮して、歯がきちんと移動しているか短い期間でチェック(20日に一回)をしたので、通院回数は28回と多くなりました。

 

当初、アライナーの枚数は51枚を予定し、治療をスタートしましたが13枚目でアライナーが入らなくなりました。

 

原因はアライナーの端が内側にめくれてしまい、アライナーと歯のフィットが悪くなってしまった状態でアライナーの交換を進めてしまったためでした。

 

追加アライナーは32枚で、合計45枚のアライナーを使用しました。矯正後に金属のかぶせ物はセラミックでやり替えをしました。

 

真面目な患者さんで1日20時間以上の使用をきちんと守って使っていただき、順調に歯の移動が進みました。

 

シニアの方でもインビザラインで矯正治療をすることが可能です。

 

以下の症例も参照してください

インビザライン~八重歯その1~

インビザライン~噛み合わせの改善(叢生)~

インビザライン~噛み合わせの改善(叢生②)~      

インビザライン~噛み合わせの改善(叢生③)~

インビザラインライト~後戻り~

事例一覧に戻る

↑