一般歯科・根管治療

虫歯について詳しく理解しましょう

成人の約9割が経験したことがあるといわれている虫歯
虫歯とは、お口の中の虫歯菌(おもにミュータンス菌)が歯の表面に付着して歯垢(プラーク)をつくるとともに、
食べかすなどに含まれる糖分を栄養源として酸を出し、歯を溶かす病気です。
虫歯の原因はハッキリしているので、詳しく知ることで予防につなぐことができます。

こちらのページでは、中野駅スグの歯医者「いぐみ歯科矯正歯科」が虫歯について、治療を中心にお話しします。

痛いと感じたら虫歯の症状はかなり進行しています

痛いと感じたら虫歯の症状はかなり進行しています

歯の表面は硬いエナメル質で覆われています。
その内側には象牙質があり、そのまた内側に神経が通っています。
虫歯はまずこのエナメル質を少しずつ溶かしますが、この段階では痛みは感じません。
その後、象牙質まで浸食し、その内側にある歯の神経を刺激するようになって初めて「痛い」と感じるようになるのです。
そのため歯に痛みを感じたときには虫歯かなり進行している段階であるといえます。

虫歯の進行段階とその主な治療法は以下の通りです。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状・おもな治療法
CO:脱灰CO:脱灰 歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁って見える状態です。
痛みなどの自覚症状はまだありません。
治療法
適切なブラッシングやフッ素塗布によって再石灰化を促すことで治癒が期待できます。
C1:エナメル質の虫歯C1:エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態です。
まだ痛みはありませんが、冷たい物がしみることがあります。
治療法
虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。
C2:象牙質の虫歯C2:象牙質の虫歯 象牙質にまで進行した虫歯です。
冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛みも感じるようになります。
治療法
虫歯になっている部分を削り、詰め物などを装着して補います。
C3:神経まで進行した虫歯C3:神経まで進行した虫歯 象牙質のさらに内側の神経にまでおよんだ虫歯です。
何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
治療法
神経を除去し、内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行います。
治療後に被せ物をします。
C4:歯根まで進行した虫歯C4:歯根まで進行した虫歯 神経が死んでしまった状態です。
いったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたびズキズキ痛みます。
治療法
多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後はブリッジあるいは入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯を放置してはいけません

虫歯を放置してはいけません

初期段階の脱灰程度の虫歯の場合は、適切な治療により治癒することが期待できますが、それ以上に悪化が進むと虫歯はどんどん症状が進行していきます。
エナメル質の虫歯の段階では「痛い」「しみる」などの自覚症状はありませんが、放っておくと着実に進行します。
虫歯は早い段階で治療を始めれば、比較的簡単な治療で済むので、「虫歯かな?」と思ったら、なるべく早く当院までご相談ください。

なるべく抜かない。重度の虫歯には根管治療で対応します

歯の神経にまで達してしまった重度の虫歯でも、神経を取り除くことにより歯の根を残すことができる場合があります。
そうした治療を「根管治療」といいます。

根管治療とは

歯の神経や血管が入っている根管という細い管の中から、虫歯になってしまった部分を取り除き、内部を洗浄・消毒し、薬剤を詰める処置です。
歯を抜かず、根管治療をして歯の根だけでも残すことができると、顎の骨が大きく痩せてしまうことの抑制につながり、お口の健康や歯列の維持に役立ちます。

医療用マイクロスコープを使った根管治療

医療用マイクロスコープを使った根管治療

根管はとても細く複雑な形をしているうえ、肉眼ではよく見えないほどの小ささです。
目視できない部分の治療を行う場合は、歯科医師の経験と勘に頼らざるをえなくなります。

医療用マイクロスコープは手術用の電子顕微鏡です。
使用することによって患部を数倍~数十倍にまで拡大できるので、目視しながら、より精度の高い根管治療を行えます。
当院では、医療用マイクロスコープを使用して「根管治療」を行っています。

手遅れになる可能性も?
治療を勝手に中断するのは危険です

重度の虫歯治療である根管治療を確実に行うためには、長い治療期間が必要となり、通院回数も多くなります。
通院回数が増えることで治療を途中でやめてしまう方が少なくないのが現状です。
しかし、治療の中断はお口の健康にとってリスクを負うことになります。

次の3つのタイミングで治療を勝手に中断してしまうことが多いようなので、それぞれのタイミングにおいてのリスクをご説明します。

根管治療中にやめた場合

抜歯を避けるために行う根管治療。
かなり悪化している虫歯の治療なので、ふたたび感染を起こすと今度こそ抜歯のリスクが高まります。
また感染を起こしやすい状態であるので、歯の根の先に膿がたまりやすくなります。

仮歯装着中にやめた場合

仮歯は、装着する人工歯をつくる間、「仮」に被せる「歯」です。
そのため耐久性がなく、比較的外れやすくできています。
白くて咬める「歯」なので、そのまま放置してしまうことがあるようですが、外れたり壊れたりすることでお口全体のバランスに影響したり、虫歯が再発したりしやすくなります。

歯が抜けた場合にやめた場合

歯が抜けてしまい、痛みがなくなるとそのまま放置してしまうことがあるようです。
しかし、歯が抜けた部分にとなりの歯が傾いてきたり、咬み合っていた歯がのびてきたりして歯並びや咬み合わせを乱してしまうことがあります。

↑