インプラント・入れ歯治療

インプラント治療は咬み心地も見た目も自然に仕上がります

虫歯や歯周病などの病気や、事故による外傷などで歯を失ってしまうことがあります。
歯が抜けたままの状態だと見た目が悪いだけでなく、食べたり話したりするのも不便です。
隣の歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた向かいの歯が伸びてきたりして、
歯並びや咬み合わせに悪影響をおよぼし全体のバランスをくずしてしまうこともあります。

また、それだけではなく、歯が抜けたまま放置していると咀嚼(そしゃく)による刺激が伝わらないため、
顎の骨が徐々に痩せていってしまうのです。
こちらのページでは、中野駅スグの歯医者「いぐみ歯科矯正歯科」が
失った歯の機能を補うことができるインプラント・入れ歯についてご紹介します。

歯が抜けてしまったら

残っている歯に悪影響を与えないよう、たとえ失った歯が1本でも、先延ばしにせず、なるべく早く当院にご相談ください。
歯を補う治療はおもに3つあります。
隣の歯を削って支台とし、橋(ブリッジ)のように連結して抜けた歯の機能を補うブリッジ治療、昔から行われている入れ歯治療、そして人工歯根(インプラント)を埋め込むインプラント治療です。

ブリッジ治療 入れ歯治療 インプラント治療
ブリッジ治療 入れ歯治療 インプラント治療
失った歯の両隣に残った歯を削って支えにし、その上に連なった人工歯を被せる治療です。 残っている歯にバネをつけて装着する部分入れ歯と、粘膜にのせるだけの総入れ歯があります。 顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療です。
よく咬め、美しい仕上がりになります。

インプラントオーバーデンチャー
~インプラントと入れ歯を組み合わせた治療法~

インプラントオーバーデンチャー

負担の少ないインプラントと入れ歯を組み合わせた「インプラントオーバーデンチャー」という治療法をご存じでしょうか?
インプラントオーバーデンチャーは、下顎の場合は2本、上顎の場合は4本のインプラントを埋め込むことによって総入れ歯を固定する方法です。

インプラントによって入れ歯がしっかり固定されるので、「会話をしていて入れ歯が外れた」「ガタガタして食べ物がうまく咬めない」というずれやもたつきに関する不満を解消。
インプラントを入れる本数が少なくて済むため、手術による体への負担や医療費の負担を軽減できます。
また、患者様自身で入れ歯を取り外して手入れができるので、清潔に保ちやすく長期間にわたって使用することも可能です。

ただし、顎の骨の状態などによっては適応できないケースもありますので、インプラントオーバーデンチャーをご希望の場合は、あらかじめご相談ください。

ストローマンインプラント
~世界各国で評価されている有名ブランド~

ストローマンインプラント

当院では世界各国で評価されている有名ブランド「ストローマンインプラント」をご案内しています。ストローマン社はスイスに本社があり、世界70ヶ国以上とグローバルに歯科用インプラント関連製品を提供しています。

インプラント業界におけるシェアもトップクラスであり、歴史ある大手メーカーであることから信頼性も抜群。一つひとつのインプラントにシリアルナンバーを設けており、万が一不具合があった際の保証制度も充実しています。インプラントは今後長きにわたりお口の機能性を支える役目を担っているだけに、質の高い製品を選択されることをおすすめしています。

「長持ちインプラント」を提唱します

「長持ちインプラント」を提唱します

インプラント治療が終了し、歯の機能が戻ったことに安心してケアを怠ったりしてはいませんか?
インプラントを入れた箇所は元々ブラッシングがしっかり行えていないなどの理由でお口のトラブルが発生した箇所です。
そのため、ケアをしっかり行わないと再度、トラブルが発生してしまうかもしれません。

インプラントは人工物のため虫歯にはかかりませんが、メンテナンスが行き届いていないことで歯周病に似た「インプラント周囲炎」にかかるケースがあります。
ブラッシングなどのケアがしっかり行われていないと、人工歯根のまわりに歯垢や歯石が蓄積。歯ぐきに炎症が起きるようになり、やがては人工歯根を支える顎の骨にまで炎症が広がることでインプラント周囲炎を発症します。

インプラント周囲炎にかかることで、インプラントが数年で抜け落ちてしまうことも。
せっかく治療したインプラントなので、毎日のブラッシングとともに歯科医院での定期検診を必ず受けることでインプラントを長持ちさせましょう。

入れ歯治療は比較的手軽に失った歯の機能を回復できます

合わない入れ歯でガマンしないでください

合わない入れ歯でガマンしないでください

歯を失ってしまったときの治療法でもっともポピュラーなのは、入れ歯治療でしょう。
しかし、入れ歯は「痛い」「咬めない」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そんな入れ歯の不具合は、入れ歯の形がお口に合っていなかったり、咬み合わせがズレていたりすることで起こります。
その2点を解決すれば、快適に使用できるといえるでしょう。

また、入れ歯はつくった当初は調子がよくても、だんだん合わなくなることがあります。
これは顎の骨が痩せるなどお口の中の変化や、入れ歯の摩耗などが原因となることがほとんどです。
そのまま放置しておくと、お口の中に偏った力がかかり、その部分に炎症を起こしてしまうこともありますので、入れ歯が「痛い」「合わない」ときはなるべく早く当院にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険診療の入れ歯と保険外診療(自費診療)の入れ歯があります。
この2種類の大きな違いは、保険診療の入れ歯は作製方法や材料が決まっていますが、自費診療の入れ歯には選択肢が多くあることです。
そのため自費診療の入れ歯の場合は、見た目や装着感を追求することができます。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
見た目 保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材
  • レジン(歯科用プラスチック)のみです
  • 部分入れ歯の場合はバネがつきます
  • 金属床、シリコン、ソフトレジンなど選択肢が豊富です
特徴
  • 見た目で入れ歯だとわかってしまうケースが多いです
  • 厚みがあるので装着感がよくありません
  • 咬みにくいことがあります
  • 食べ物の温度を感じにくい素材です
  • 修理しやすい素材です
  • 比較的よく咬めるようにつくることができます
  • 自然な見た目にすることが可能です
  • 金属床にすると食べ物の温度を感じやすくなります
  • 修理に時間や手間がかかります
耐久性
  • 低めです
  • 高めです
作製期間
  • 約1ヶ月
  • 種類によって異なりますが2ヶ月前後です
費用
  • 保険適用のため安価です
  • 比較的高額となります

実際のインプラント・入れ歯治療の症例はこちら

↑