歯周病

歯周病について詳しく理解しましょう

歯周病は虫歯同様、初期の段階では自覚症状ないまま進行している恐ろしい病気です。
日本の成人の約8割は歯周病またはその予備軍といわれており、国民に広く蔓延(まんえん)しています。
歯周病は歯ぐきの炎症から始まり、歯を支える顎の骨を徐々に溶かし、やがては歯が抜けてしまう病気です。

歯周病の悪影響は、お口の中だけにとどまらないので、早期発見・早期治療を心がけるようにしましょう。
こちらのページでは、中野駅スグの歯医者「いぐみ歯科矯正歯科」が歯周病の基礎知識をご紹介します。

全身に影響を与える歯周病

全身に影響を与える歯周病

お口の中で歯周病菌が大量に増殖することで、その細菌が気管や食道、そして血管を通って全身に運ばれる可能性が高まります。
気管に入ることで肺炎のリスクが高まり、血管に入ると血栓を起こしやすいので、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性も。
糖尿病に関しても歯周病と相関性があるという報告がなされています。

また歯周病にかかって歯がグラグラになったり抜け落ちたりすると、咬み合わせに乱れが生じやすくなります。
咬み合わせが乱れると偏った力がかかり、顎関節にも悪影響をおよぼします。
また咬み合わせのバランスをくずすことで全身のバランスにも影響し、肩こりや腰痛、頭痛の原因となることもあるのです。

歯周病にかかりやすい生活習慣

歯周病は生活習慣病の一つと考えられています。
次のような生活習慣がある方は、歯周病を招きやすいので注意しましょう。

タバコを吸っている

喫煙は歯周病の危険因子だといわれています。
喫煙をすると血管が収縮し、血流が悪くなります。
これにより歯肉の免疫力が低下し、歯を支える骨の吸収が促進されてしまうのです。
タバコを吸わない人と喫煙者の歯周病の危険性を比べると、1日に吸うタバコの本数が増えるとその危険度も増すという報告があります。

歯周病のリスクを非喫煙者と比べると……
1日10本未満喫煙する人 1日20本喫煙する人 1日30本以上喫煙する人
2.8倍 4.7倍 5.9倍
疲労やストレスがたまっている

歯周病は感染症のひとつです。
疲労やストレスがたまっていると全身の免疫力が低下するので、歯周病を含むあらゆる感染症にかかりやすくなり、また悪化させやすくなります。

よく咬まずに食べてしまう

よく咬んで食べると唾液も多く分泌されます。
この唾液には口の中の細菌を洗い流す作用や、歯の再石灰化を助ける作用も。
よく咬まないと唾液の分泌が不十分となり、お口の中は細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

間食が多い

お口の中に食べ物があると口腔内環境が酸性に傾き、細菌が活発に活動しやすい環境となります。
間食が多いと、歯周病菌を含む細菌の栄養源となる糖分が長時間お口の中にある状態になり、歯周病が進行しやすくなります。

スモーカーズ・フェイスをご存知でしょうか?

スモーカーズ・フェイスとは喫煙によって生じる肌の老化や血色の悪さなどの顔の変化をシュミレーションしたものです。
タバコは老化を促進させるだけでなく美容的にも悪く、吸い続けることによって、10~20年後には非喫煙者に比べて見た目が老けてしまう可能性が高まります。

スモーカーズ・フェイスの特徴

経年の喫煙によって、「目じりのしわ」「口周りのしわ」「唇の乾燥」「歯の着色・口臭」「白髪」などの症状が現れます。
また、血行が悪くなることからシミ・そばかすの増加やタールが沈着することによる血色の悪さも特徴です。
これらは総じて見た目が老けて見られる要因となります。

当院院長の伊組は、日本禁煙推進医師歯科医師連盟に所属している歯科医師です。
お口のお悩みに加え、禁煙相談にもしっかりとしたアドバイスが行えます。
タバコを断ち切れずに苦しんでいる方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

今すぐ歯周病リスクをチェック!

多くの方がかかる歯周病。日本の成人が歯を失う原因の第一位といわれています。
あなたは大丈夫ですか?
下のチェックリストに当てはまる項目があるか、確認してみてください。

歯周病の進行段階

軽度 中等度 重度
軽度 中等度 重度
歯ぐきに軽い炎症を起こし始め、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が少し深くなります。
ブラッシングの際に出血することもありますが、痛みはまだありません。
歯周ポケットがより深くなり、炎症が進行して歯を支える顎の骨にまで達した状態。
歯ぐきが腫れて出血も見られ、歯がグラつき始め、口臭も現れます。
歯を支える顎の骨の半分以上が溶けた状態。
歯ぐきが下がり歯がグラつき、痛みや膿が出て口臭がきつくなります。
さらに悪化すると抜け落ちることがあります。

歯周病の治療方法

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日のブラッシングは、歯周病の治療・予防に欠かせません。
患者様一人ひとりに合わせた効果的なブラッシング方法を指導いたしますので、しっかり身につけてお口の健康に役立ててください。

スケーリング

スケーリング

「スケーラー」という器具を使用して、毎日のブラッシングでは落としきれない歯垢や歯石を除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

「キュレット」という器具を使用して、スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分に付着する歯垢や歯石を取り除きます。
仕上げに表面をなめらかにすることで汚れの再付着を防ぎます。

FMD(除菌療法)

FMDとはフル・マウス・ディスインフェクションの略で、「1回で口の中全体を除菌する」ことです。
1日で終わらせる歯周病治療で、口腔内細菌を除菌し、歯周病の原因菌も一掃します。

↑