インプラントとは?

失った歯を補う治療インプラント

インプラント

虫歯や歯周病または他の原因によって歯を失ってしまった場合に用いられる治療の一つにインプラントがあります。

インプラント以外にもブリッジや部分入れ歯などの選択肢がありますが、インプラントが何よりも優れているのが、「他の歯に負担をかけない」という点です。

天然歯と同じような機能性と審美性を兼ね備えた歯を取り戻すことができる治療と言えるでしょう。

インプラントとその他の治療を比較します

ブリッジ治療

ブリッジ治療

ブリッジは欠損歯の両隣にある歯を土台として、橋をかけるようにして補う治療です。健康な歯を削らなければならないことや支台歯(土台となる歯)に負担がかかってしまうデメリットもあります。

部分入れ歯

入れ歯治療

部分入れ歯は健康な歯にクラスプと呼ばれるバネで固定する治療です。ブリッジと同じように健康な歯を土台にするため、負担がかかります。自由診療ではありますが、土台に負担を欠けないノンクラスプデンチャーや強度、機能面において優れている金属床があります。

インプラント治療

インプラント治療

顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療です。
健康な歯に負担を欠けず、天然歯と同じような機能と審美性を兼ね備えています。一方で、インプラントは手術が必要なため、充分に検討する必要があります。

インプラントに関して知っておいていただきたいこと

インプラントは素晴らしい治療である一方で、リスクが伴うことも理解していただきたいです。
インプラントのリスクを充分に理解した上で、歯科医師と充分に話し合い納得して治療に進んでいただきたいと思っています。

インプラントにおけるリスク

  • 虫歯や歯周病に罹患している方
    虫歯や歯周病を治療してからインプラント手術を行わないと、骨結合の妨げになったりインプラント周囲炎の原因となります。
  • 噛み合わせ(歯ぎしり・食いしばり)に問題がある
    歯ぎしり・食いしばりが強い方は、噛み合わせを考慮しながらインプラント手術を行う必要があります。歯に過度な負担がかかるなどの要因は骨結合の妨げになる可能性がとても高いです。
  • 骨量や骨の質に問題がある
    骨量が足りない場合は、インプラント治療を行ってもうまくいかない可能性が格段に高くなります。骨の質が悪い方は、骨結合がうまくいかない可能性があります。
  • お身体に疾患をお持ちの場合
    糖尿病、貧血、骨粗鬆症、高血圧の方などは、注意が必要です。場合によっては医科との連携を取り、治療の可否を判断する必要があります。

当院は「長持ちインプラント」を提唱します

インプラント治療が終了し、歯の機能が戻ったことに安心してケアを怠ったりしてはいませんか?
インプラントを入れた箇所は元々ブラッシングがしっかり行えていないなどの理由でお口のトラブルが発生した箇所です。
そのため、ケアをしっかり行わないと再度、トラブルが発生してしまうかもしれません。

インプラントは人工物のため虫歯にはかかりませんが、メンテナンスが行き届いていないことで歯周病に似た「インプラント周囲炎」にかかるケースがあります。
ブラッシングなどのケアがしっかり行われていないと、人工歯根のまわりに歯垢や歯石が蓄積。歯ぐきに炎症が起きるようになり、やがては人工歯根を支える顎の骨にまで炎症が広がることでインプラント周囲炎を発症します。

インプラント周囲炎にかかることで、インプラントが数年で抜け落ちてしまうことも。
せっかく治療したインプラントなので、毎日のブラッシングとともに歯科医院での定期検診を必ず受けることでインプラントを長持ちさせましょう。

治療に関してお気軽にご相談下さい

歯を失ってしまったけど、どのような治療が良いかわからない・・・とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

当院はそういった患者様に対してご相談を承っています。医院に来院していただき、検査をさせていただいた上できちんとご説明差し上げます。

どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話で無料相談を予約