入れ歯

入れ歯治療は比較的手軽に失った歯の機能を回復できます

合わない入れ歯でガマンしないでください

歯を失ってしまったときの治療法でもっともポピュラーなのは、入れ歯治療でしょう。
しかし、入れ歯は「痛い」「咬めない」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そんな入れ歯の不具合は、入れ歯の形がお口に合っていなかったり、咬み合わせがズレていたりすることで起こります。
その2点を解決すれば、快適に使用できるといえるでしょう。

また、入れ歯はつくった当初は調子がよくても、だんだん合わなくなることがあります。
これは顎の骨が痩せるなどお口の中の変化や、入れ歯の摩耗などが原因となることがほとんどです。
そのまま放置しておくと、お口の中に偏った力がかかり、その部分に炎症を起こしてしまうこともありますので、入れ歯が「痛い」「合わない」ときはなるべく早く当院にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険診療の入れ歯と保険外診療(自費診療)の入れ歯があります。
この2種類の大きな違いは、保険診療の入れ歯は作製方法や材料が決まっていますが、自費診療の入れ歯には選択肢が多くあることです。
そのため自費診療の入れ歯の場合は、見た目や装着感を追求することができます。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
見た目 保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみです
部分入れ歯の場合はバネがつきます
金属床、シリコン、ソフトレジンなど選択肢が豊富です
特徴
  • 見た目で入れ歯だとわかってしまうケースが多いです
  • 厚みがあるので装着感がよくありません
  • 咬みにくいことがあります
  • 食べ物の温度を感じにくい素材です
  • 修理しやすい素材です
  • 比較的よく咬めるようにつくることができます
  • 自然な見た目にすることが可能です
  • 金属床にすると食べ物の温度を感じやすくなります
  • 修理に時間や手間がかかります
耐久性 低めです 高めです
作製期間 約1ヶ月 種類によって異なりますが2ヶ月前後です
費用 保険適用のため安価です 比較的高額となります