痛くない治療

できるかぎり痛みを少なくする治療を心がけています

皆様は歯医者さんに苦手意識をお持ちではないですか?
もし苦手意識があるとしたら、それは歯科医院での「痛い・こわい」経験からきているのではないでしょうか?
そうした経験をした方は歯科医院特有の消毒液のにおいを嗅いだり、歯を削る「キーン」という機械音を耳にしたり、
または実際に嗅いだり聞いたりしなくても想像しただけで「痛み」を感じてしまうこともあります。

当院では、苦い経験をお持ちの「歯医者嫌い」の患者様にも安心して通っていただけるように、
なるべく痛くない治療を心がけています。

痛くない治療への取り組み

痛くない治療への取り組み

痛みの感覚は人それぞれ。個人差があるので、「まったく痛くない治療」というのは、なかなか難しいものです。
ただ、不安を感じると「痛み」に敏感になってしまうことがあるので、当院では、患者様の不安をできるかぎり取り除き、リラックスしていただけるような環境づくりを常に意識しています。
コミュニケーションを通して治療や処置についてご理解を深めていただくことは、不安をなくし、緊張感を緩和するためでもあるのです。

また、痛みをできるかぎり軽減するために、麻酔にもさまざまな工夫をしています。

麻酔の種類

歯を削る際の痛みを軽減するのに効果的なのが麻酔です。
しかし、患者様の中には「麻酔をします」と聞いただけでも、針を刺すときの「チクッ」とした痛みに恐怖を感じてしまう方もいらっしゃいます。
当院では、その「チクッ」の痛みを軽減する工夫を行っています。

塗布麻酔

麻酔を注射する前に針を刺す歯肉部分にゼリー状の表面麻酔を塗布します。
そうすることで針を刺した際の「チクッ」として痛みを軽減します。

シール麻酔

こちらも塗布麻酔と同様に表面麻酔の一種です。
貼るタイプのシール麻酔はゼリー状の塗布タイプより麻酔力が強い点が特徴です。

電動麻酔

麻酔を注入する際、注入量やスピードが定まらないと圧痛を感じることがあります。
電動麻酔なら一定量の麻酔液を一定のスピードでゆっくり注入できるので、圧痛を感じることはほとんどありません。

↑