開咬(オープンバイト):インビザライン矯正の症例

開咬(オープンバイト)とは?

開咬(オープンバイト)とは?

開咬(オープンバイト)は、噛んだ時に前歯に隙間が空いている状態です。

奥歯を噛み締めているのに、前歯に隙間があるため噛むことができないので、舌を押し付ける形で食事をしているという自覚症状があることが開咬の特徴です。

開咬(オープンバイト)の原因

オープンバイトの原因は、骨格的な問題・幼少期の癖(指しゃぶりや舌癖など)またはその双方が考えられます。特に、幼少期の頃の癖で、指しゃぶりの期間が長かったり、舌突出癖(舌を出して飲み込むなど)が継続的に行われることで開咬になる方が当院に来院される患者様では、多いです。

開咬(オープンバイト)を放置するリスク

本来上下の歯が噛み合うことで噛む力を分散しているのですが、開咬の場合は奥歯に過度な負担がかかってしまうため、歯が割れてしまったり顎への負担が懸念されます。

また、過度な負担は歯周病の進行因子にもなりますので、歯並びだけの問題ではありません。咀嚼ができないことで、胃腸への負担が多くなることも開咬の懸念材料と言えます。

開咬(オープンバイト)をインビザラインで改善した症例

30代 女性 開咬

Before

術前

After

術後

担当医コメント

上下前歯が噛み合っていない。
IPRと上顎大臼歯の遠心移動と臼歯の圧下によりと改善可能と考えインビザラインで治療を行うことにした。

性別・年代 30代 女性
主訴 噛み合わせが気になる
リスク 歯肉退縮が起こる可能性がある。
費用 85万円(矯正費用)
期間 1年6ケ月

術前

術前下顎

術前上顎

術前右側

術前正面

術前左側

術後

術前下顎

術前上顎

術前右側

術前正面

術前左側