10代の歯列矯正(インビザライン)の症例

不正咬合別で症例をお探ししたい方へ

不正咬合別で症例をお探しになりたい方は以下のリンクよりご覧ください。

10代 女性 叢生(先天性欠如歯)

Before

術前

After

術後

担当医コメント

・上下に叢生が見られる。歯列の拡大、臼歯の遠心移動、IPRを組み合わせてインビザラインで治療を行う事にした。
・下顎前歯(側切歯)が2本、先天性欠如している。そのため上下で歯の本数に差があり上顎と下顎の前歯の隙間が大きくなる。
・治療は奥歯の噛み合わせが安定し、前歯の噛み合わせが問題なく機能するように行った。

性別・年代 10代女性
主訴 前歯が気になる。上下の歯並びが気になる。
リスク 歯肉退縮が起こる可能性がある。
費用 85万円
期間 1年5ケ月

術前

術前下顎

術前上顎

術前右側

術前正面

術前左側

術中

術中下顎

術中上顎

術中右側

術中正面

術中左側

術中2

術中下顎

術中上顎

術中右側

術中正面

術中左側

術後

術後下顎

術後上顎

術後右側

術後正面

術後左側