40代の歯列矯正(インビザライン)の症例

不正咬合別で症例をお探ししたい方へ

不正咬合別で症例をお探しになりたい方は以下のリンクよりご覧ください。

40代女性 叢生

Before

術前

After

術後

担当医コメント

上下に叢生が見られる。前歯部には交叉咬合が数か所見られる。前歯部に歯列の拡大、臼歯の遠心移動、IPRを組み合わせてインビザラインで治療を行う事にした。
コンプライアンスが良く、治療に協力的だったため治療はスムーズに進んだ。

性別・年代 40代女性
主訴 前歯が気になる。上下の歯並びが気になる。
リスク 歯肉退縮が起こる可能性がある。
費用 85万円
期間 1年6ケ月

矯正治療中に左下奥歯のかぶせ物が取れてしまった。動的矯正治療が終了後、保定がある程度進んだ段階で補綴する。交叉咬合が改善する過程で、前歯部の早期接触が起こり、臼歯部が離開し奥歯で噛みにくい時期が出て来る。

術前

術前下顎

術前上顎

術前右側

術前正面

術前左側

術中

術前下顎

術前上顎

術前右側

術前正面

術前左側

術後

術前下顎

術前上顎

術前右側

術前正面

術前左側